まめそだて

初期流産を経て、2018年10月に長男を出産。全く仕事に活かしていない2級FP技能士。妊娠中・産後・育児のあれこれ、感じたことや日常役立ったことを綴る雑記ブログです。

23週目・ピュレグミで乗り切るワンオペ

f:id:mamesodate:20210705213348p:plain

こんにちは、まめこです。

 

今回は妊娠6ヶ月最後の週、23週の記録です。

23週当時は、4月の中頃でした。息子も保育園で進級したタイミングで、教育関係の仕事をしている夫はやたらと忙しくて全然帰って来ず、なんとなーく進級で不安定な息子をワンオペで面倒見るという結構大変な時期でした。

ということで妊娠23週の様子の記録です。

 

22週の様子↓

www.mamesodate.com

 

ワンオペがキツい

冒頭にも書いた通り、23週の頃は夫の仕事が忙しくて、土日も出勤しているし平日もほとんど深夜に帰ってきていたので、息子のお世話がワンオペ状態でした。

妊娠してから、時々土日に夫が仕事でワンオペになることはあっても、何日も連続でワンオペ育児するというのはなかったので、結構大変でした・・・帰ってくるか来ないのか当日まで分からないので夕飯の支度もしてましたし。

何が大変って、ひとつはお風呂です。お腹が結構出てきていたので、息子とお風呂に入る時に、かがんで息子を洗うのが結構大変で・・・しばらくお風呂は夫に任せていたので、久しぶりに一緒に入ってみて、「あ、お腹が結構邪魔だ」って気づきました。

そのうちお腹がつかえて自分の体もうまく洗えないくらいになるんだから、そりゃ小さい子をお風呂に入れるのは大変ですよね。世の旦那さんは、妻の妊娠中はできるだけ早く帰ってきてお風呂は代わってあげてほしいです。笑

そしてもうひとつ、ワンオペだと寝かしつけまでノンストップで進んでいくのですが、そこで急にお腹が張ったり痛くなったりすること。帰宅してから息子に手を洗わせて、ご飯を出して、お風呂に入れて着替えて、歯磨きさせて、寝かしつけて・・・さらに合間合間に遊んで。一人だと全部やらないといけないのですが、お腹も結構大きくなってきているのもあり、ちょっと頑張るのが続くとお腹が張ってしまうのが困りどころでした。

とりあえず少し座ってみたり横になってみたりするのですが・・・子どものほうはお構いなしだったりするので、一休みするのも大変でしたね。なんとか乗り切れてよかった。

 

ピュレグミにハマる

そんな大変な中の癒しは、ピュレグミでした。

ずーーーっと胸やけで気持ち悪いのが続く体調でしたが、ピュレグミの甘酸っぱさがちょうど良くて、疲れ果ててるな~と思いながらピュレグミを食べてなんとか元気を出してお迎えに行ってました。ピュレグミありがとう。

色々食べましたが、この時はマスカット味がお気に入りでした。笑

 妊娠中って不思議なことに、「これが好き!」ってブームが色々きますよね。

この時はピュレグミでしたが、妊娠35週の今はグミはそんなに・・・という感じで、チョコが食べたかったりします。23週の頃は甘酸っぱいものが良かったのですが、今は甘ったるいものが良いようです。

息子、赤ちゃんを愛でる

 

私の様子ではなく、息子の様子なのですが、4月から0歳クラスに小っちゃい赤ちゃんたちが入ってきました。

認可保育園なので4~5月生まれが多くはあるのですが、生後3ヶ月のちーーっちゃい赤ちゃんも入ってきました!

2歳クラスに進級した息子も、朝と夕方は0~2歳の乳児組で合同保育なので、赤ちゃんたちと一緒になることがあります。

この頃は登園したら仲良しのお友達と連れ立って真っ先に0歳クラスの赤ちゃんたちに会いに行って、赤ちゃんを眺めていました。

なんとなく、自分がお兄ちゃんになるのが分かっていたのですね。先生にも時々、「お母さんのおなかに赤ちゃんいるんだよ」とお話ししていたようです。

保育園での様子を見る限りでは、赤ちゃんが生まれてきたら優しいお兄ちゃんになってくれそうな感じがします。とはいえ、寂しい思いをさせないようにはしたいなと思いますが。

 

翌週の様子↓

www.mamesodate.com