まめそだて

初期流産を経て、2018年10月に長男を出産。全く仕事に活かしていない2級FP技能士。妊娠中・産後・育児のあれこれ、感じたことや日常役立ったことを綴る雑記ブログです。

最初の一歩

ご挨拶

はじめまして。

まめこと申します。第一子を妊娠中(9か月)の妊婦です。

(※追記 2019年10月 長男を出産しました!)

 

産休に入ったことをきっかけに、ブログを始めてみようと思いました。

まわりに出産経験者・妊娠中の友人がおらず、歳の離れた義姉や夫の友人のママさんはいるけれど、何か知りたいと思ったときにちょっと聞きにくい・・・

そんな私にとっては、webに公開されている色んな人のブログに載っている体験がとても役に立ちました。

 

雑誌・本や子育てメディアに載っている専門性のある記事もとても有用です。これが理想!という情報を得るにはぴったりです。

しかし、「こういうときってみんなどうしてるのかな?」「こんなことやってる人いないかな?」と思ったとき、個人の体験であるブログは良いことも悪いことも、そしてそこに至った経緯もそれぞれの視点で書かれており、とても参考になりました。

「全部が全部、理想を目指さなくてもやっていける。みんなやっていけている。」という安心感を得ることができました。

 

私は妊娠初期のころ、「本当に子どもが生まれて大丈夫なのか」「妊娠中や子どもが生まれたら色んな事を犠牲にしないといけないのではないか」と不安に駆られる時期がありました。

でも、今は子どもが生まれるのが楽しみですし、胎動をいとおしく感じます。

それは、色んな人のブログを読んで、漠然とイメージするだけだった妊娠・子育てのリアルを、少しでも知ることができたからだと思っています。

 

妊娠初期の私のように、なんとなく漠然と不安を感じている人に、私の体験を読んで少しでも「こんなやり方もあるならやれそうだ」と思ってもらえるように、

また、いつか私自身が「このときってこんなことを考えていたんだな」って振り返ることができるように、

そんな思いでブログをはじめようと思いました。

 

長続きするか分かりませんが、今日から頑張ってみたいと思います。

 

簡単なプロフィール

名前:まめこ

年齢:アラサー

地域:神奈川県横浜市

しごと:産休前はIT系ベンチャー企業で管理職をしていました。転職経験1回。

趣味:旅行とテレビゲーム(最近は任天堂のゲームばっかりです)、サッカー観戦

23歳の時、あまりに生理痛が重いので婦人科を受診し多嚢胞性卵巣症候群であることが判明。それでも運よく自然に妊娠しました。

今の子がおなかにくる前に、一度初期流産(10週)をしています。その時もたくさん色んな人のブログを読んで乗り越えたので、いつか私の体験も記事に書きたいなと思っています。

気になって調べ始めるとやめられない止まらないタイプですが、最後は「やってみないと分からない」とあまり気にせずにチャレンジしちゃいます。そんな勢いでブログも始めました。とりあえず続けられるところまで、やってみようと思っています!