まめそだて

初期流産を経て、2018年10月に長男を出産。全く仕事に活かしていない2級FP技能士。妊娠中・産後・育児のあれこれ、感じたことや日常役立ったことを綴る雑記ブログです。

正産期に入りました

こんにちは、まめこです。

 

妊娠37週になりました。

ここから先は正期産。早産じゃないんだ!やっとここまできた!という気持ちです。

妊娠したからといって必ずしも赤ちゃんに会えるわけではないことをよくよく知っている分、正産期を迎えたことになんだかびっくりしていて。「ここまで頑張って大きくなったねえ、もうすぐ会えるね~」と毎日ベビーに話しかけております。

本当に不思議なもので、3~4日前から急にお腹が下がり、1週間前はあれだけお腹が苦しくて吐きそうでご飯を何度も小分けに食べていたのが嘘のように、今は眠気と食い気との闘いです。笑

すごくお腹がすくのですが、太らないように散歩に出かけたり(家にいたら食べちゃうから)、産休に入ってからレシピ開発したピクルスをおやつに食べたりしてしのいでいます。笑

(ピクルスの作り方は↓で紹介しています。) 

mamesodate.hatenablog.com

 

それにしても、本当に、妊娠中の体調の変化というものは、その時になってみないとまったくわからないものですね。たった1週間で激変しますし。

お腹が大きくならなくて心配していた妊娠6ヶ月のころの私に伝えてあげたい。「心配しなくても大丈夫だよ。8ヶ月過ぎたらすごい勢いで大きくなるから。だから抱き枕買ってもいいよ。」って。笑

ここまで来たら意地で抱き枕なしで過ごそうと思いますが、寝にくいのなんのって。次にまた妊娠することがあったら抱き枕は買おうと思います。

でも、1人目と2人目では全然違うといいますし、妊娠するたびに経過は全然違うそうですよね。妊娠って神秘です。

 

妊娠初期のころ。

花粉症だけど薬も飲めず、苦しんだ時期。ずっと二日酔いみたいなつわりで、午前中はオレンジジュース片手に出勤して仕事していた記憶しかありませんw

 

妊娠中期。

16週過ぎてもつわりが終わる気配がなくて、ずっとつわりが続くタイプなのかと思ってげんなりしていたけど、20週になったらすっかり軽くなって。

お腹も全然大きくならないし、つわりもなくなってめっちゃくちゃ元気でものすごく仕事してましたね。繁忙期ということもあり、引継ぎの準備などもして超過勤務が月45時間くらいあったけど、残業代も出ないしもう少しゆっくり過ごせばよかったなあ・・・。仕事中はよかったんだけど、猛暑で通勤が辛かったです。

ワールドカップが開催されていた時期で、結構夜更かしもしてて、この頃は「妊婦生活結構余裕かも!」って思っていました。笑

胎動にも初産婦の割には早く気が付いて、18週の時に「これは胎動だ」と確信。あの頃は下のほうでぴちぴち小さく動いていたのに、今ではものすごい力でぎゅーーーっと押してくるし、「そんなところまでいけるの?!」とびっくりするほど横のほうまで蹴っ飛ばしてくるし、思い返せばすっかり大きくなったものです。

 

妊娠後期。

8ヶ月くらいまでは余裕だったのに、9ヶ月に入ったらさすがにお腹が大きくなって胃も苦しくなって、体も疲れやすくなって、夜もしょっちゅう目が覚めるようになって、やっぱり妊娠後期になると大変なんだなあとその時になって初めて知りました。笑

産休に入る1~2週間前は、通勤がきつくて、休み休み出勤してたら普段1時間で着くところが2時間かかったり、途中でお腹が張ってあきらめてタクシーに乗ったりして無理矢理乗り切っていました。

そしてとにかく頭がぼーっとして回らなくなって、でも感情の波は激しくなるような感じ。以前ブログにも書きましたが・・・

mamesodate.hatenablog.com

最近は本当にこれが顕著で。これが「マタニティーブルーか!!笑」って自分でも思いながら、わかっちゃいるけどポジティブな日とネガティブな日が交互に来るような毎日です。きっとこの調子だと産後うつもくるんだろうな~と今から覚悟しています。

分かっていても、自分ではどうすることもできない。けど、きっと一時的なものだし自分でコントロールできない体の変化のせいだと思えているから、諦めてやり過ごすという方法がとれるのは良かったです。

ネガティブな日は、とにかくスマホをあまり見ない。特にニュースアプリは絶対避ける!いつの間にか色んな情報を追って、検索して、ぐるぐるして悪化するので、とにかくお散歩したり、諦めて寝たり、頭使わずにテレビを見たり、やり過ごす方法を身に着け始めました。笑

 

思い返せば、色んなことを考えながら、色んなことに喜びを見つけながら、妊婦生活を過ごしてきたのに、あまり記録をつけてこなかったのは残念だなあと思うようになりました。

一応、病院でもらったエコー写真は全部ファイリングしてコメントを書き残したりとか、母子手帳に多少の記録を書き残したりはしているのですが。

 

先日、実家に帰った時に、母が私を妊娠しているときにつけていたマタニティダイアリーをくれました。私が妊娠して思い出して引っ張り出してきたそうです。

毎日書かれているわけではなかったけど、私がどうやってお腹の中で過ごしてきたのか、知ることができて。

私が人工授精で生を受けたこと、途中まで逆子だったこと、お腹にいる間に昭和から平成に時代が変わったこと。食べたものとかも記録されていて、私がおなかにいても母はお構いなしにビールを飲んでいたようで、健康に生まれてこられてよかったなと思います。笑

母から聞いたことがあることも、なかったことも、たくさんありましたが、日記を残してくれたおかげで知ることができたので、母には感謝です。

そして、私もそういうものを、おなかのベビーに残してあげておけばよかったなと、今となっては思います。(エコー写真集と母子手帳で我慢してね!)

 

もっと早くブログを始めていたら、ブログがそれになったでしょうか。

公開されていたと知ったら、子どもは嫌がるかな。笑

 

ベビーが生まれて、子育てが始まってから、きっともっと取っておきたい日常がいっぱいあるのでしょう。

それを取っておくためにも、ブログを始めてよかったな、と思います。

生まれたら更新する余裕はあるのでしょうか。笑

毎日は無理でしょうが、細々とでも、続けていけたらいいなーと思います。

そしてそれをいつか、夫とか、大人になった子どもと読み返す日が来たらいいなあと。

 

まあ、まずは、元気に生まれてきておくれ、ベビーさん!