まめそだて

初期流産を経て、2018年10月に長男を出産。全く仕事に活かしていない2級FP技能士。妊娠中・産後・育児のあれこれ、感じたことや日常役立ったことを綴る雑記ブログです。

0歳児と行く沖縄旅行@便利だったホテルの紹介と2泊3日の旅程

こんにちは、まめこです。

 

今年の6月、夫の育休の最後に、2泊3日の沖縄旅行に行ってきました。

梅雨真っ盛りでしたが、0歳の乳児連れではそんなにお外遊びはできないので、十分楽しむことができました。

夏休みシーズンということで、これから旅行される方に向けて旅行記を書いてみようと思います。

本当は夏休み前に投稿したかったのですが、なかなか書く時間が取れず^^;

赤ちゃん連れで沖縄旅行を予定されている方の参考になれば幸いです!

赤ちゃん連れにおすすめ!ホテルムーンビーチ

実は、沖縄旅行は初めての私(夫は何度かあるようです)。

どこに泊まったらいいか分からず、沖縄の旅行会社に勤めている夫の親戚に「赤ちゃん連れに優しいホテルを!!」とリクエストして、ピックアップしてもらいました。

すると、「梅雨時だし天気も問わず赤ちゃん連れで楽しむなら、那覇よりも西海岸エリアに宿泊して、ホテルや美ら海水族館を楽しむといい」とアドバイスをもらい、恩納村のホテルムーンビーチに宿泊することにしました。

ホテルムーンビーチ

ビーチリゾートエリアでホテルだけでも楽しめる

ホテルから三日月形の綺麗なビーチにすぐ行けるのが特徴。部屋から水着でそのまま出られて楽ちんです。

海で遊ぶだけでなく、ビーチで砂遊びも楽しめます。我が家は息子がまだ小さくて利用しませんでしたが、砂遊びセットのレンタルもあるようでした。

プールも室外のインフィニティプールと、半屋内のプールがあり、半屋内のプールには子供用の浅い部分もありました。

ビーチサイドにお湯も出るシャワールーム(ロッカーあり)があるので、チェックアウト後でもビーチで遊べると思います。

フロントの下の階には、色んな生き物が展示されていて、ヤドカリレースのブースもありました。

こんな感じで結構色々あるので、小さい子連れで遠出するのは大変でも、ホテルステイで十分楽しめるホテルでした!

食事ができるところがいっぱいある

食事は、ホテルから歩いてすぐのところにたくさん飲食店があるので全く困りません。居酒屋とステーキハウスが多い印象です。

居酒屋でも座敷があって、子ども連れでも入りやすいです。

ホテルのフロントで、「赤ちゃん連れで食事するのにおすすめのところはありますか?」と聞くと、手書きの飲食店マップをくださって、「ここは座敷があります!」「ここは大人っぽい雰囲気です」など色々親切に教えていただけました^^*

 

もちろんホテルでも食事はとれます。

朝食会場は海が見えるテラスでとても素敵でした。ビュッフェスタイルの朝食ですが、沖縄料理をはじめ和食・洋食とたくさん種類があり、特にパンがたくさんあって私は嬉しかったです。

↓こんなかんじで開放感あります
f:id:mamesodate:20190803005145j:image

昼食はもっと種類が多いそうで、口コミを調べたところ昼食での利用をお勧めしている声もありました。朝食券を無料で昼食に変更してもらうことができるそうです。

その他、我が家は利用しませんでしたが、炉端焼きレストランもあります。

ベビーベッド・ベビーカーのレンタルができる

事前に予約する必要がありますが、ベビーベッドとベビーカーの貸し出しも無料でしてもらえます。

ベビーカーは、当時0歳6ヶ月の息子にはちょっと大きくて、ベルトの位置が頭より上から出てました。笑

ベビーベッドは結構大きくて、高さも大人のベッドと同じくらいなので、くっつけて添い寝して、息子が完全に寝たら柵を上げる・・・という感じで楽に寝かしつけできました。寝相が凄くてベビーベッドじゃないと落ちてしまいそうで心配だったので、レンタルできて助かりました。


f:id:mamesodate:20190803005223j:image

その他、コインランドリーがあって、色々すぐに汚す子連れには便利でした。コインランドリーで販売されている洗剤は蛍光剤入りなので、気にされる方は洗剤は持参しておいた方が良いかと思います。

部屋タイプはナチュラルスーペリアがおすすめ

ホテルムーンビーチは、良い意味でも悪い意味でも年季の入ったホテルです。

基本的には「古き良き」という感じなのですが、お部屋はやはり結構古さを感じるみたいで。

我が家はリノベーション済みのナチュラルスーペリアルームに宿泊しました。

人気のある和洋室とは違いフローリングにベッドの部屋ですが、ベビーベッドをレンタルできるので寝相の悪い赤ちゃんと一緒でも大丈夫です。

内装はかなり綺麗になっていて、飲用水用の流し台が広く、調乳・哺乳瓶洗浄グッズを置くスペースがたくさんあって便利でした。

また、普通のお部屋のお風呂はかなり狭めのようで、ナチュラルスーペリアは広くなっているようです。空気を入れて膨らませるバスチェアを持っていきましたが、ナチュラルスーペリアのバスルームには十分置けました。

ちなみに、一応大浴場もありますが、有料で700円する割にそんなに充実していないので、ナチュラルスーペリアに宿泊するなら使わなくても良いかと思います。1泊でも3泊でも、1回の滞在につき700円しかかからないみたいなので、連泊する方にはお得かもしれません。大浴場の脱衣所にもベビーベッドはありました。

1日目:沖縄着、ホテルで遊ぶ

ホテルの紹介をしたところで、実際の旅程を紹介します。

0歳の赤ちゃん連れではあまりたくさん予定を詰め込むことはできないですが、それなりにまったり楽しめたので、参考になれば幸いです。

 

初日は13時半に那覇空港に到着。息子が朝起きる時間を変えたくなかったのでこの時間の飛行機にしましたが、ホテルまでの移動に時間がかかるので、あと1~2時間早かった方が良かったなと後から思いました。

お昼ごはんは那覇空港のA&Wで食べました。沖縄ローカルのハンバーガーショップですね。沖縄名物のルートビアを楽しみました。

 

お昼ごはんの後、レンタカーを借りてホテルに移動。

16時頃にホテルにチェックイン。離乳食を食べさせてから、水着に着替えて、ちょっとだけビーチに行きました。

息子、初めての海に挑戦。足をつけただけで大泣きしましたw屋外プールに移動して少し遊んでみようとしましたが、プールも大泣きでダメだったので、夫と交代で抱っこして大人だけでプールを楽しみました。笑

もう少し早い飛行機で来ていれば、ビーチやプールをゆっくり楽しめたかなと思います。まあ我が家の場合は息子が大泣きで結局ゆっくりできなかったと思いますが。笑

 

夜はホテルの外に出て、徒歩5分くらいの居酒屋で食事をしつつ、島唄ライブを楽しみました。

どこのお店も、結構島唄ライブをやっているようです。息子は島唄を気に入ったのか、ライブ中はたいそうご機嫌に三線と歌を楽しんでいましたw

ちょっと脱線しますが、演者の方が「赤ちゃんがいるので」と言って、沖縄で有名な古謝美佐子さんが作られた子守唄の「童神」という歌を歌ってくれました。とてもいい歌なので紹介します。息子はこの歌が大好きみたいで、歌うととろーんとおとなしくなります。


NAC033 童神~ヤマトグチ~② 夏川りみ (2003)190321 vL HD

2日目:美ら海水族館へ

2日目は沖縄旅行の定番、美ら海水族館に行きました。

前日の移動の疲れもあるので、朝はゆっくり過ごし、11時前にホテルを出発。

恩納村から美ら海水族館までは、下道を通っても1時間強で着きました。

 

美ら海水族館ではベビーカーが借りられます。座面はフラットにリクライニングできるタイプでした。結構広いので、歩ける子でもベビーカーがあったほうがいいですね。

水族館は、赤ちゃんはどの程度楽しめるのか謎ですが、大人は大満足でした!

入ってすぐの浅瀬エリアは明るいので、息子もキラキラする水面を見たり、魚が泳いでいるのを見て大はしゃぎしていました。そして、進んでいくとだんだん暗くなっていくので、静かに寝てました。笑

ランチは、息子が寝ている間に、大きな水槽の横のカフェでとりました。水槽の真横の席は順番待ちしなければならないのですが、順番待ち不要の奥の方の席でも十分楽しめます。ベビーカーがあるなら、スペース的にも順番待ちしない方がいいかもしれません。

なお、美ら海水族館に到着してすぐ、離乳食と授乳をしに行きましたが、入り口のフロアからさらにエスカレーターで下って行ったところにある休憩所が便利です。中に授乳室があり、おむつ用のごみ箱もあります。

 

帰りは高速道路で事故が起きて渋滞にはまってしまい、ホテルに着くのが遅くなってしまったので何もできず、そのまま夕飯に出かけました。

2日目もホテルの外に歩いて食べに行きました。あぐー豚のお店に行きましたが、ステーキのお店も気になりました。お店の選択肢は本当にいっぱいあります。

 

3日目:道の駅と国際通りでお土産探し

最終日、ホテルのチェックアウトは11時です。

息子が朝寝している間に荷物を片付けて、ぎりぎりのタイミングでチェックアウトしました。

 

高速に乗る前に、恩納村の道の駅「おんなの駅 なかゆくい市場」に寄りました。

ここでお土産をゲット。謎に推されていたご当地のタレとか買いました。笑

お酒が充実していたので、お酒好きな方にはお勧めです。とってもおいしい(らしい)泡盛の古酒があったのですが、授乳中なので試飲はやめておきました。

食べ物も売っていて、簡素なイートインコーナーですが、ここでお昼ご飯を食べていくのも良いと思います。沖縄そば、てびち、果物、海鮮など色々揃っていました。

onnanoeki.com

ちなみに我が家は、おんなの駅にたどり着くまでにカーナビに惑わされ迷子になり、この日はお昼を食べる時間がありませんでした^^;

ムーンビーチからおんなの駅までは、迷わずに行けばすぐです。ホテルを出て右(高速道路方面)に曲がり、次の大きな交差点を右に行くと、左手に見えてきます。本当にすぐ!カーナビ要らないくらい!(反省)

 

おんなの駅で買い物を済ませた後は、那覇に戻ります。

帰りの便まで少し時間があったので、国際通りに寄ってみることにしました。

本当はレンタカーを返す前に国際通りに車で行ってしまって、最後に空港そばでレンタカーを返す方が荷物も持ち歩かずに済むし、時間も損せずに楽できると思いますが、

うちの場合は運転に自信がないということで笑、一旦レンタカーを返して空港に戻ってから、ゆいレールで国際通りに行きました。

空港にはコインロッカーがあります。結構大きいロッカーもあり、スーツケースごと入れられたのでそこに荷物を預けて、身軽になって国際通りへ。

ゆいレールで10分強、県庁前駅で下車して、徒歩ですぐ国際通りに到着します。

国際通りはおみやげ街ですね。おんなの駅でお土産を買っていたのと、雨上がりで猛烈に蒸し暑かったのでちら見だけして空港に戻りましたが、ちょっと見るだけでも楽しいところでした。

飲食店も多いので、早めにチェックアウトしてお昼をここで食べていくのもいいですね。

 

というわけで、16時那覇空港発の便で帰るぎりぎりまでうろうろしました。

赤ちゃん連れだったので結構のんびりめのスケジュールになりました。渋滞にハマったりもあったので、あまり予定を詰め込みすぎない方が、赤ちゃんにも負担をかけずに旅行できると思います。

まだちょこちょこ授乳や離乳食の時間を取らなければならない0歳児連れの沖縄旅行の場合、ホテルステイをメインにして、お出かけするのは1日1か所くらいのつもりでいると良いかと思います。

 

赤ちゃん連れならJAL便がおすすめ

ちなみに飛行機ですが、赤ちゃん連れだと緊張しますよね。うちも息子が初めての飛行機だったのでドキドキでした。

大人だけの旅行なら全然平気でLCCに乗っていくのですが、赤子連れだとそうはいきません。

色々調べたところ、どこでもおすすめされているのがJAL便。実際、使ってみて良かったです。おすすめされるのも納得です。

ベビーおでかけサポートというプログラムがありまして、搭乗前から搭乗中まで、かなり気配りをしていただいて助かりました。

ベビーと楽しむ空たびBOOKという冊子をもらえるのですが、ベネッセとコラボしていて、色々なベビー連れの飛行機豆知識や、赤ちゃんと楽しめるページがあります。しまじろうが登場しているので、息子は飛行機から降りた後の車の中でもしばらくその冊子で遊んだりしていました。笑

色々なサイトで調べましたが、JALで行くなら、楽天トラベルのJAL楽パック(航空券+ホテルの組み合わせ自由ツアー)がかなりお得だったのでおすすめです。レンタカーをつけても、圧倒的に安かったです。

ホテルムーンビーチも取扱いがあるので、ぜひ。

 

JAL楽パック

 

もうこの夏に旅行されるおつもりの方は、とっくにスケジュールを組んでいらっしゃるかもしれませんが(特にホテルの紹介とか本当に今更な情報かもしれませんが)、何かの参考になれば幸いです!