まめそだて

初期流産を経て、2018年10月に長男を出産。全く仕事に活かしていない2級FP技能士。妊娠中・産後・育児のあれこれ、感じたことや日常役立ったことを綴る雑記ブログです。

ダイソンを分解して水洗いしたら、吸引力が復活した!

こんにちは、まめこです。

 

我が家の掃除機は、ダイソンのコードレスタイプを使っています。DC62という機種です。

ですが、最近いまいち吸わなくなってきてゴミが残るようになってしまいました・・・しかも、使っていると、急にモーターが止まっちゃったりするんですよね。トリガーを引きなおすと復活はするんですけど。「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」じゃなかったんかーい!

フィルターはちゃんと水洗いしているのに・・・「長く使ってるから寿命なのかな。でもまだ4年しか使ってないしもったいないなあ」と思いつつ、サイクロン部分にほこりが結構溜まっていることに気づきました。ブラシで手入れしても取れないので溜まるんですよね。

f:id:mamesodate:20181022120008j:image

白く細かいほこりがたまってる・・・

 

サイクロン部分はメーカー的には水洗いNGみたいなのですが、どうせ吸わないならダメもとでやってみよう!ということで、サイクロン部分を取り外して水洗いしてみたところ、無事吸引力が復活しました!ダイソンのアイデンティティは守られた!良かった!

ということで、サイクロン部分の洗い方をご紹介します。

※メーカー非推奨のやり方なので、自己責任で!

1.モーターとサイクロンを分離させる

f:id:mamesodate:20181022115911j:image
写真の赤い線から左側の部分と右側の部分を分離します。右側のモーターを外せば、左側には電気系統がないのでバシャバシャ水洗いができます。

f:id:mamesodate:20181022115930j:image

まず、赤いレバーを2回押して、クリアビンを外します。

f:id:mamesodate:20181023211852j:plain

ひっくり返すと、モーターとサイクロンの境目の部分に、白い留め具が2つ見えます。これを両方同時に内側に寄せると、モーター部分が外れます。

私は爪楊枝を2本ひっかけて外しましたが、結構大変でした・・・。

専用のセパレートツールを使えば簡単に外れるようです。セパレートツールはメルカリに出品されていました。

f:id:mamesodate:20181022115949j:image

取れました!

2.水洗いする

f:id:mamesodate:20181022120114j:image

バケツに水を張って、台所用中性洗剤を少し溶かし、その中にサイクロン部分を入れます。

水から出したり入れたり、ひっくり返したりしながら洗うと水が真っ黒になりました・・・。

最後にすすいで終わり。

私は仕上げのすすぎの際、バケツに張った水にティーツリーオイルを数滴垂らして、その水ですすぎました。

というのも、いつもフィルターを洗ったあとに掃除機を使うと、臭いが気になって・・・生乾きの洗濯物みたいな。

ティーツリーオイルは、殺菌力が強く、カビ予防やカビ落としによく使われるオイルで、仕上げに使うことでいやな臭いを防止できます!水に数滴混ぜたものを、霧吹きでお風呂掃除の後にしゅしゅっとかけるだけで、お風呂場のカビ予防にもなるくらいの威力があるそうですよ。(そういえばうちのお風呂場、カビたことないな。)

妊娠中に風邪をひいた時、薬が飲めないのでティーツリーオイルをアロマディフューザーに入れて芳香浴してました。便利。

3.乾かす

洗ったらよく水を切って、風通しの良いところにおいて1日乾かします。途中、一度上下をひっくり返して、中に水が残らないようにします。

1日は掃除機が使えないのでご注意ください。(フィルターを水洗いするときもそうですけどね)

f:id:mamesodate:20181023211312j:image

綺麗になった!

 

 

モーター部分と分離するときにちょっと苦労したのと、元に戻すときに結構力が必要で大変でしたが、それ以外は超簡単でした。

まめにやるのは面倒くさいですが、4年やらなくても何とかなったので、数年に一度のメンテナンスならいいかな、と思います。
まあでも、日常のメンテナンスも結構面倒だしパーツも高いので、次は国産メーカーのにしようかな~と思います。ダイソンは土足文化の国の製品なので、そもそも掃除や掃除機に求める感覚というかレベル感がちょっと違うのかもしれません。

ダイソンの吸引力が落ちてきて買い替え時かな?と思ったら、「サイクロン部分を外して水洗い」を試してみてください!どうせ買い替えるなら、だめもとで洗ってみたら我が家のように復活するかもしれませんよ。